スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝乗り猫

銀と咲弥のいたキャッテリーはコンテスト猫の育成をメインにしている所だ。コンテストに出る猫が人間を怖がって、おどおどしてては良い成績は見込めない。なのでここの猫はみんな人間にとても懐っこい子ばかり。しかし銀はそういう子たちの中では、あまり人懐っこくないほうで、頭を撫でようとすると何時も逃げていた。
我が家に来ても咲弥と比べると懐き度は低かった。ところが咲弥が預けられ一人になると、途端にものすごく人懐っこくなった。もう人間から離れない感じで、部屋から部屋へと後をついてくる。そしてとうとう昨日、自分から僕の膝に乗ってきた。
そこまで期待してなかったので、これはうれしい予想外れww

ginaa.jpg

ginbb.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

男の子はツンデレなのか、私んとこ来てたクロッペってノラニャンもこの子の妹たちが一緒の間は撫でようとすると身体を低くしてすり抜けたりしてなかなか触らせてくれないんですが一匹になったとたん膝に乗って来て安心しきって顔を私の胸辺りに埋めて眠りだしてました。
クロッペは一才なった頃、ノラによくある雄猫テリトリー争いで疲れてたようでストレスかどうなのかフケがたくさん出てました。疲れて私に腕の中で眠るって感じでした。私の上に乗った途端いきなり目を閉じ身を任せてきました。
そのクロッペは戦いで頭部を怪我して私の前から姿を消しました・・・


雄猫の特徴ツンデレなんですかね?よくわかんないけどw

No title

Jacinさん

猫でも男は見栄をはるんでしょうかねえ。

野良の生活って大変だと思いますよ。以前飼ってた猫も半野良で保護しました。

姿を消したクロッペ、かっこいいですね。・・・思わずじゃりん子チエのアントニオを思い出してしまいました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。