スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛玉とドアレバー

銀と咲弥は長毛種の猫だ。二日に一度はブラッシング等のケアをしないと、すぐに毛玉が出来てしまう。
毛玉は小さなものは指先でほぐれるが、大きくなるとハサミで切ってほぐすか、毛玉そのものを切り取ることになる。
皮膚の近くに出来た毛玉取りはハサミで皮膚を傷つけるという事故も多いらしい。

銀もふもふ
銀のもふもふ

猫を膝に乗っけての毛玉取りは銀も咲弥も気持ちがいいらしくおとなしくしている。

サクもふ
咲弥のもふもふ

以前飼っていたアメショは毛玉の心配は全くなかったのに、メインクーンはそのへんのケアで神経を使う。

我が家の扉はドアノブではなくてレバーだ。そのレバーを銀が飛びついて下げ、戸を開けるようになった。これは大変まずい。
玄関から通じる部屋の扉は三つある。その三つとも猫を入れたくない部屋だ。
一つは猫にいたずらされたくないものが置いてあり、一つは僕のアトリエに通じる部屋で絵の具や薬品等が置いてある。
もう一つは洗面所、トイレ、浴室だ。もし風呂に水が満たされている時に猫が落ちたら、多分上がってはこれないだろう。

以前のアメショはおとなしい猫だったので、戸の前に物を置いたり、つっかい棒みたいなものでなんとか侵入を防いでいたが、それも不完全だった。
今度はいたずら盛りの子猫、しかも2匹だ。
何とかうまい方法はないかとネットで探したら・・・あったんです、これが。

ドアレバーは普通水平に付いていて、下に下げると開くようになっている。

ドアノブ横_00
今までのドアレバー

そのレバーを垂直に付けるのだ。しかもこの作業とても簡単。3つのレバーを直すのに10分かからないで完了。

ドアノブ縦
垂直にしたドアレバー

垂直のレバーを飛び上がって下に引くというのはかなり難易度が高くなる。
これでなんとか猫達の侵入を阻止できればいいのだが。

ツリー01
今年のクリスマスツリー

ツリーとサク022

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアダックスフンドへ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。